このページの本文へ移動

五感で楽しむ花の里

この度鹿沼市魅力発信特派員になりましたmihoです。
初めての記事なので簡単に自己紹介させていただきたいと思います!
 
栃木県鹿沼市出身のアラフォーママです。
ピカピカの新一年生6歳と現在イヤイヤ期真っ只中な2歳の姉妹と夫の4人暮らしで、写真を撮ることが好きです。
魅力発信特派員の募集を見て、生まれ育った鹿沼の魅力を写真で発信してみたいと思い応募しました。
 
実際記事を書くとなったら文章力のなさに四苦八苦(笑)していますが、私なりに大好きな鹿沼市の魅力を発信出来たらと思いますので、どうぞよろしくお願いします!
 
 
さっそく今日私が紹介したい鹿沼の風景がこちら

蝋梅1

この黄色い可愛い花は蝋梅といいます。
梅という漢字がついていますが、桜や梅のようなバラ科ではなくロウバイ科の植物です。
(知った風で書きましたが私も今回調べて知りました)
 
 
鹿沼市にはこの蝋梅が咲き誇る「蝋梅の里」という場所があるのです。
まず車から降りてビックリしたのが、駐車場から既にすごくいい香りがしていました。
思わず深呼吸したくなる香りです。
 
 
大人は入園料300円を払って中へ入ります。
高校生以下は無料でした。
小さい子連れにはありがたい限りです。
(2021年2月時点)
 
 
花は可愛らしいけど木はとても力強く感じました。
この日は天気も良く青空と黄色のコントラストが最高で。
思わずシャッターを切ります

蝋梅2

子ども達もいいにおいの花をかぎ回っていてまるで蜂のよう笑
 
のんびり歩いた1番奥には、コーヒーや甘酒を販売している場所があったので、こちらで少し休憩しました。
 
 
店主の方がご好意で子どもにホットミルクを出してくれました。
優しい気遣いに心も温まりました。

ミルクを飲む娘

私はホットコーヒーをいただきながら蝋梅の香りと美しい風景、そして時折聞こえる鳥の鳴き声を聞いて非日常な時間を楽しみました。
 
 
今年は残念ながらもう閉園してしまいましたが、行ったことないという方は是非来年訪れて見てほしいです。

蝋梅3

私もまた来年を楽しみにしています。
 
 
あ、あと園内にトイレがないので、小さなお子さんがいる方は是非園内入る前に行っておくといいかと思います。
実際我が家は最後長女の『トイレ!』で急いで出てきてしまったため、贅沢な時間が一気に現実に戻されました。笑

○蝋梅の里○
鹿沼市上永野273
 
ライターmiho

掲載日 令和3年5月18日
アクセス数

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています